So-net無料ブログ作成

Estar fritoの意味、例文、由来(Quedarse frito) [スペイン語の慣用句]

今日もスペイン語の慣用句を紹介します!

他のスペイン語の慣用句はこちら
少しずつ、増やしているところです!

今回は"Estar frito"という表現。

たった2単語という、慣用句としては最もシンプル(?)な構成でしょうか。

文字通りの意味は、「フライにされている(揚げられている)」という感じです。

日本語では使わないですが、英語では同じような表現がありますね。

Estarは、英語の「be」動詞です。
※ スペイン語は「Ser」と「Estar」の二つのbe動詞があります。
  使い分けはけっこう奥が深いのですが、簡単に言ってしまうと
  Estarは変化する状態(いる場所、気分など)、
  Serは変化しない状態(名前、人種など)を指すことが多いです。
Fritoは、動詞「freír:揚げる」が変化した形で、「揚がった」「揚げられた」という意味です。

つまり直訳すると「Estar frito」で「揚げられた状態」となります。


では、Estar fritoはどういう意味なのか?

これはいくつかの意味があり、
①「窮地に立たされる、絶望的
②「飽きてしまう
③「寝てしまう
④「うんざりする
という意味で使う表現です。

使い分けですが、②と③に関しては、
②の意味では、「aburrimiento:飽きること」を足して、
Estoy frito de aburrimiento.
③の意味では、「Quedarse:残る、留まる、他」という動詞を使い、
Quedarse frito.
と使うことが多いです。

ただ、そのまま使って①~④どれかを意味することもあるので、
その時は文脈で判断するしかないですね。


例文:①の意味
Llegaré tarde a la entrevista por el tráfico. ¡Estoy frito!
→渋滞で面接に遅れてしまう。もう絶望的だ!

例文:②の意味
No me gusta esta película. Estoy frito de aburrimiento.
→この映画は僕の好みではない。飽きてしまった。

例文:③の意味
Anoche me acosté y me quedé frito.
→昨晩は横になったら寝てしまった。

例文:④の意味
Otra vez mis compañeros del cuarto no han limpiado el baño. Ya estoy frito de vivir con ellos.
→またルームメイトたちはトイレを掃除していない。彼らと暮らすのはもううんざりだ。


由来は、なんとなくしかわからないのですが、揚げる(フライにする)と料理が仕上がるということで
「動かなくなる」「終わる」というような意味を持たせるためと思われます。

料理の意味を人に使うのは、日本語ではあまりないかな、と思うのですが
欧米の言語ではよくあるのかもしれません。


英語でも、今回の慣用句と全く同じ
「I'm fried」という表現で、
「とても疲れている」という意味で使います。

これは④番の意味と対応していますよね。



口づけの小径(Callejón del Beso)、メキシコ・グアナフアト
callejondebeso.jpg


参考ページ(英語/スペイン語)
https://rioplatofonia.wordpress.com/tag/estar-frito/
https://spanishparaguiris.wordpress.com/2015/02/08/frito-quedarse-frito-estar-frito/




スポンサーリンク






nice!(187)  コメント(0) 

nice! 187

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。