So-net無料ブログ作成

Ser del año de la peraの意味、由来、例文 [スペイン語の慣用句]

今日もスペイン語の慣用句を紹介。
食べ物を使った、面白い表現です。

どの言語でも食べ物を使った慣用句は多いですよね。
(棚からぼた餅:たなぼた、朝飯前、油を売る、などなど・・・)

スペイン語でも、この前紹介したSer pan comidoや、Ir al granoがあります。

他のスペイン語の慣用句はこちら
随時更新中です。


今回の表現は、"Ser del año de la pera"というもの。

直訳は、「梨の年齢である(?)」。

これは難解ですね・・・。

意味は分からなくても、スペインでも梨を食べるということはわかりますね(笑)
日本の梨とは少し違う洋梨ですが。

Ser del año de la peraの意味は・・・

古い」、「時代遅れ」、「年配の方」などという意味です!

由来は下のほうで・・・。
今回は長めの慣用句ですが、それぞれの単語は難しくないので、ひとつひとつ見ていきましょう。

Serは英語の「be」動詞です。
※ もうおなじみかもしれませんが、スペイン語は
 「Ser」と「Estar」の二つのbe動詞があります。
  使い分けはけっこう奥が深いのですが、簡単に言ってしまうと
  Estarは変化する状態(いる場所、気分など)、
  Serは変化しない状態(名前、人種など)を指すことが多いです。
delは「de」と「el」がつながった単語です。
 「de」は英語の「of」「from」と同じで、ここでは「of」「~の」という意味です。
 「el」は英語の「the」と同じように使われる冠詞で、男性名詞の前で使います。
 後の「año」は男性名詞なので「el」を使います。
 文法的に「de el」と連続するときは「del」と変わります。
 Ir al granoの「al」と同じです。
 「de el」よりも「del」とつなげたほうが言いやすいですよね。
Añoは、「年」「年齢」という意味。
 発音は「ñ」があるので「アニョ」です。参考:スペイン語の読み方
laは、上の「del」の中の「el」と対をなす冠詞。
 英語の「the」と同じですが、女性名詞の前で使います。
 後の「pera」は女性名詞なので「la」を使います。
Peraは「梨」です。英語の「Pear」と似ていますよね。


例文①:
Esa canción es del año de la pera.
→その歌はとても古い。

例文②:
No te pongas esa camisa. ¡Es del año de la pera!
→そのシャツを着ないほうがいいよ。とても時代遅れだ!


この表現はスペイン語圏でよく使われていますが、由来ははっきりとわかっていないようです。

なぜ「りんごの年」などではなく「梨の年」なのか?

一説によると、元々は“del año de la polca”と言っていたのが変化したのが由来と言われています。

Polca=ポルカは、聞いたことがある方もいると思いますが、チェコのボヘミア地方のダンスです。
1830~1840年ごろにヨーロッパで大流行し、スペインにも広まっていました。
その後、はやりが廃れると、古いものに対して
“del año de la polca”=「ポルカの時代のものだ」
と言うようになり、それがなまって“del año de la pera”となったと言われています。


メキシコ・グアナファトの壁画 アロンディガ・デ・グラナディータス(Alhóndiga de Granaditas)
Alhondiga.jpg

参考ページ(英語/スペイン語)
https://www.happylanguages.co.uk/ser-del-ano-de-la-pera-in-spanish/
http://www.cuandoerachamo.com/el-ano-de-la-pera



スポンサーリンク






nice!(301)  コメント(0) 

nice! 301

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。